The University of Aizu -- CLR Phonetics Lab
   English  /  日本語  


Search this Site
Dramatic Reading
Page
Soba chants / The night before the wedding / Harvesting mushrooms / God of Fortune and god of poverty / Yunohana short songs
Soba chants
Text
※Note that it may be mistaken
Play
(mp3)

東西、東西と
ちょとお客様のお言葉を止め置きまして
褒める様こそ知らねども
さっと浅黄に褒めましょう褒めましょう
本日この会場に罷り出でましたるは
西会津名物蕎麦屋でござーい

さてこの蕎麦の生い立ちからと申すれば
春は三月ウグイスの
ホーホケキョーの谷渡り
四月、五月も早過ぎて
六月土用は中の頃
狩野八畑へと蒔き散らされ
わずかひと月とも経たぬ間に
蕎麦の白花赤木小太郎と名づけられ
雨や風にと晒されて
祈願七日で角が立つ
九月末頃ともなりぬれば
太政官は長官(かみ)鎌足公にと刈り取られ
稲場やらへと晒されて
やがて曲がり棒弁慶にばったばったと打ち落とされ
三池の拙守もくぐり抜け
唐箕の嵐も無事に超え
石臼の懺悔を受け
絹羽二重の目を忍び
やがて丸木鉢左衛門に宿を取り
湯水と談じてでっちでっちとしとねられ
四角四面の盤上にて
桐丸棒という将軍に剣術を打ち習いしな
駒手を早めて切り離され
やがて石川五右衛門ではなけれども
お湯の中にと入れられて
湯花を散らして戦いしな
竹皮揚笊(ざる)公にと掬いられ
水桶の中にとしばらくは休息を致す

一条殿には右大臣
二条殿には左大臣
三条殿には少納言
四条殿には中納言
五条殿には大納言
この五条通りを形取って
五段の蕎麦と名を設け
蕎麦は白山食い処
盛り塩梅は義経公にと
一ノ谷ではなけれども
これはこちらのお客さん
あれはあちらのお客さん
そうこうしているうちに
向こう勝手の十六、七の姉さんに
蕎麦屋蕎麦屋と囃されて
ちょとお客さまには暇乞い

一つ 暇無しこの奴
二つ 蓋をばちゃんと取り
三つ 見事に盛り重ね
四つ 他所の村までも
五つ 五段の蕎麦なれば
六つ 無性にあがらんせ
七つ 名代のこの蕎麦を
八つ やたらと売り広め
九つ ここでのご相伴
十にとっくりとおあがり下されば
当家のご主人は申すに及ばず
買って奴を一同が
あな嬉しやとホホ敬って申す